ページの本文へ

Hitachi

道路交通ソリューション

画像処理により、見通し不良区間に設置されたカメラ画像から、停止車・低速車・落下物を検出します。検出された情報により、表示板・ガイドライトを連動表示させ対象車両に対して安全走行を促すなどの走行支援を行います。
その他にも、画像処理応用システムは車番認識やトンネル内火災検出など、さまざまな分野・システムに応用が可能です。

見通し不良道路区間・走行支援システムの解説イラスト

車両検出画面、トンネル内火災検出画面

お問い合わせ