ページの本文へ

Hitachi

道路交通ソリューション

車両に搭載されたICカード+車載器と路側に設置されたアンテナ間にて無線通信を行い、道路通行料金のノンストップ自動支払いを行います。無線通信での情報は、セキュリティ技術により暗号化を行い、入口料金所にて入口情報をICカードに書き込み、出口にて料金の算出及び自動支払いを行い、料金支払いの効率化を可能とします。
また、環境に配慮した通行経路によって、料金格差を設ける環境ロードプライシングや駐車場などの各種サービスにも、新しい決済システムとして適用されています。

画像 左:料金所、中央:ETC車載器、右:車両感知センサー

ETC:Electronic Toll Collection

お問い合わせ