ページの本文へ

Hitachi

鉄鋼システム

  • プリセット制御、フィードフォワード制御、フィードバック制御の適切な組み合わせで、高精度なメッキ付着量制御を実現します。
  • コイル替わりや付着量変更、速度変更時の付着量のバラツキを低減できます。またノズル交換などで制御環境が変化しても、適応制御により精度低下を最小限にできます。
  • メッキ付着量予測モデルの自動構築機能、板幅方向の付着量プロファイルを解析する機能を備えており、高精度な制御を支援します。

メッキ付着量制御システム構成図