ページの本文へ

Hitachi

研究開発支援システム

新幹線の安全・安定性の実現に貢献。快適で安心できる鉄道の研究開発を支援します。

概要

新幹線および在来線の各種車両をこの装置に搭載して走行加振試験を行い、車両の運動特性、性能特性、軌条と車両の相互作用、高速走行状態、本線走行状態などが模擬できます。

車両試験装置

新幹線および在来線の各種車両を本装置に搭載してテストを行い、車両の運動性、性能特性、軌条と車両の相互作用などを解明します。

主な機能

  • レールに相当する軌条輪の回転で走行状態を模擬。
  • 軌条輪に上下、左右の動的変化を与え、軌条狂いを模擬。
  • フライホイル装置により実車両に相当する慣性を与える。
  • 負荷吸収能力を駆動電動機に持たせ、こう配条件を模擬。

画像:車両試験装置

台車走行試験装置

整備を終えた新幹線電車用台車を対象として、実走行時と同等の車両速度、輪軸荷重を付与し、輪軸軸受、台車枠、主電動機部などの異常温度上昇、異常振動、油もれなどを点検します。走行試験は、2台車を1組とし駆動電動機で軌条輪装置を介して試験台車の車輪を回転させます。輪軸荷重は荷重負荷装置の油圧シリンダで台車の空気バネを介して与えます。

画像:装置概要図