ページの本文へ

Hitachi

研究開発支援システム

実時間で動的荷重の実験が可能。減衰の大きな構造物にも有効です。

概要

一部分の動的加振実験と全体構造の数値解析をリアルタイムに行い、全体構造の地震応答を評価します。

ハイブリッド耐震実験システム

限界のある実物大の試験を、一部分の動的試験とコンピュータによる数値解析で補います。

  • 経済性 : 構造物の一部の加振試験で全体の振動応答を評価
  • 精度 : 実モデルの地震時挙動を加味した振動試験

画像:(SRCα)評価対象構造物

加振機応答遅れの予測補償制御で「実時間試験」を可能

予測制御

遅れ時間分δtだけ先に指令信号を与える
過去の計算値から外挿する

適応制御による高精度化

予測時間δtは適宜修正

画像:説明図

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。