ページの本文へ

Hitachi

研究開発支援システム

研究開発支援システム

画像:研究開発支援システム

構造物・高架橋・原子力機器など、地震時の挙動解明や、世界最高峰を目指す新幹線の研究開発を支援する動的力学試験システムです。
地震災害の軽減や新幹線の走行安全性向上など、安全・安心をサポートし、社会に貢献しています。

概要

地震災害軽減のための研究開発、高速鉄道の研究開発、高速道路の事故を防ぐための研究開発などさまざまな分野の研究開発をサポートします。
耐震研究支援システムでは、構造物・高架橋・原子力機器などの耐震性・安全性評価を行います。
また、鉄道車両開発・検査支援システムでは、新幹線車両の評価を行います。

鉄道車両開発・検査支援システム

新幹線のスピードアップにも貢献
快適で安心できる鉄道輸送の実現を支援します。

耐震研究支援システム(振動台・遠心力載荷試験装置)

動的・静的に構造物、建築物の耐震性を設計段階で的確に把握することができます。

実験・数値解析融合システム

実時間で動的荷重の実験が可能です。減衰の大きな構造物にも優れた効果を発揮します。

マイクロリアクタシステム「マイクロプロセスサーバー」

マイクロ空間での液体の混合・反応・乳化・濃縮を均一かつ高効率に行います。

アフターサービス

試験設備は、機械装置、付帯設備、電気設備、計測制御装置などから構成されるシステム製品です。メーカーである当社の専門技術でお客さまのメンテナンスを支援します。