ページの本文へ

Hitachi

作業・品質管理支援システム

作業・品質管理支援
システム

作業指示を電子化し、製造現場における人手作業の効率化や、
作業者の生産品質の安定化をサポートします。
また、作業スキル情報との連動により無資格者による
作業の防止をはかります。

作業指示を電子化し、製造現場における人手作業の効率化や、作業者の生産品質の安定化をサポートします。また、作業スキル情報との連動により無資格者による作業の防止をはかります。

生産現場における
3つの課題と解決策

  • 課題

    熟練者の作業ノウハウを活用し、
    作業手順の効率化、品質安定化をはかりたい

    解決

    • ・ノウハウを活用した標準手順書の作成、電子作業指示による効率化、実績収集による作業時間、品質の管理精度向上を推進します
  • 課題

    無資格者による作業を防止したい

    解決

    • ・作業スキル情報との連動により無資格者による作業の防止をはかります
  • 課題

    作業者や工程の平均時間やばらつきを見える化し、カイゼンしたい

    解決

    • ・ダッシュボードで、作業時間や工程のばらつきなどの統計情報を表示。課題、カイゼン点の早期解決をサポートします
日立のIoTを活用した実績をもとに、
貴社生産現場の課題解決にむけてサポートします。

機能一覧

作業・品質管理支援システムの標準機能は下記となります。

機能概要
サーバー側
アプリケーション
コンテンツ編集電子作業指示書のページの作成・編集、および表示
進捗状況検索作業予定情報の一覧表示および進捗状況の表示
作業予定CSV
取り込み
CSVファイルを使用した作業予定情報の登録
各種マスター登録デフォルト設定値やユーザー情報などの登録
*管理者用の画面からの操作になります
クライアント側
アプリケーション
コンテンツ管理利用する電子作業指示書のダウンロードおよび一覧を表示
作業コンテンツ表示指定した電子作業指示書のページを表示(作業実施)
*作業結果は作業実績情報としてサーバーにアップロードされ、
分析ダッシュボードで集計結果を表示します
ダッシュボード作業品質比較製品・工程・作業者別に集計した各種情報をグラフ表示

システム構成例

構築方法につきましてはお客さま環境に応じたご提案が可能です。

  1. (1)専用ツールで作業指示(および作業予定)を手軽に作成し、ラインへ公開可能
  2. (2)クライアントアプリケーションから各作業者は電子作業指示をローカルへダウンロード可能
  3. (3)作業実施前に必要な作業スキルレベルと、作業者のスキルをチェックすることが可能
  4. (4)電子作業指示は作業手順が明確に定義されており、抜け漏れなく作業を実施できる
  5. (5)作業実施に伴い、実績情報が自動登録される(検査結果も保存可能)
  6. (6)作業管理者は作業実績の統計情報をダッシュボードとして閲覧可能
ページの先頭へ