ページの本文へ

ポンプ:日立

Hitachi

物理的・機能的・社会的要因によりポンプ設備を更新する際の技術です。

概要

アフターサービスとは、経年劣化による機器の更新や部品交換を行うものであり、ソリューションとは、付加価値を上げるためのリプレースや新技術の導入により、システム全体の改善(安全性、信頼性、操作性、維持管理性、機能向上)を図るものです。

ポンプ機場の無給水化

無水化技術を採用すれば、系統機器の削減により大幅な設備の簡素化が行え、高い信頼性を確保するとともに省スペース化を実現します。

ポンプ機場無給水化による改善効果

1.ポンプの無給水化

ポンプ軸封水や潤滑水供給装置が不要となり、設備の簡素化および信頼性の向上を図ります。

2.減速機の空冷化

冷却設備の簡素化および信頼性の向上を図ります。

3.原動機の空冷化

冷却設備の簡素化および信頼性の向上を図ります。

画像:改善前と改善後のイメージ