ページの本文へ

Hitachi

発電制御システム

火力・水力発電所における定期点検業務、日常業務、設備管理の合理化を目的として、RFID (Radio - Frequency Identification)を活用した総合業務支援ソリューションを提供しています。

主な特長

  1. 設備仕様などの設備情報、定期点検時に収集される保修情報、日常業務時に収集される点検情報を発電所情報データベースに集約する。
    端末から保修員・運転員が必要とする情報サービスを提供し、管理業務・調整業務を軽減する
  2. RFIDタグを発電所設備・人・図書に貼り付け、データベースとの関連付けを行い、現場からでもRFIDタグをキーとしたデータベースへのアクセスを容易にし、情報のユビキタス化を実現する。
  3. 点検状況、設備保修状況、作業員状況を関連付け、設備保修計画立案、作業員の効率的な分担計画立案、劣化傾向把握による次回点検保修計画立案などの効率的な業務支援管理を実現している。


RFID応用総合業務支援システム解説図