ページの本文へ

Hitachi

発電制御システム

納入実績が示す、日立の制御技術力

  • 国内最大単機容量1,050MW 火力発電所制御システム
  • 中国最大単機容量900MW 火力発電所I&Cシステム (I&C : Instrumentation and Control)
  • 世界最大容量400MW 可変速揚水発電システム
  • 世界初 IDFへの8,000kVAインバーター適用 (IDF : Induced Draft Fan)
  • 世界初 石炭ガス化トリプルコンバインド制御システム
  • 世界初 多入力PSS適用デジタル励磁制御システム (PSS : Power System Stabilize)
  • 世界に先駆けて適用 デジタル式タービン制御システム
  • 世界最大落差700m級 揚水発電所制御システム

高度運転監視、保守支援システム

人間工学に基づくヒューマンマシンシステムに加え、知識工学応用運転支援などで高度運転監視を実現します。さらに、その上位に位置する経営情報システムや設備保全システムとも連携し、設備保守支援の高度化も実現します。

高機能保守ツール

CAD搭載でロジック図と一体のモニター画面、制御ロジックの階層構造、シミュレーション機能、トレンド機能など、保守業務を考えた機能が充実しています。

大容量・高速ネットワーク

大容量・高速リアルタイムネットワークで、発電所の情報を統合します。

既設システムに対応

新旧混在可能なシステム構成により、既設装置の部分更新による高機能化・システム延命化が図れます。

ハード回路大幅削減

コントローラーダウン時にも、自律的にインタロック・保護機能を実現するインテリジェントPI/Oの採用により、ハード回路を削減できます。

プラント建設のコストを削減

分散I/Oの採用により、フィールドケーブルを大幅に削減できます。

構成図です。