ページの本文へ

Hitachi

発電制御システム

デジタル核計装系システムは、原子炉内中性子束を計測し、原子炉の運転に必要な原子炉出力レベルなどの情報を、運転員および他の監視システムに提供し、プラント運転を支援するシステムです。

特長

  • 耐ノイズ性に優れたシステム
  • HMI部をカラー液晶表示器に集約した操作性、視認性に優れたシステム
  • 専用の保守データ管理装置によるデータ一元管理で、保守性に優れたシステム

デジタル核計装装置の構成図

SRNM:起動領域モニター(Startup Range Neutron Monitor)
PRNM:出力領域モニター(Power Range Neutron Monitor)
MRBM:制御棒引抜監視装置(Multi Rod Block Monitor)
TIP:移動式炉心内計装(Traversing Incore Probing System)
LPRM:局部出力領域モニター(Local Power Range Monitor)
HMI:ヒューマン・マシン・インターフェイス(Human Machine Interface)