ページの本文へ

Hitachi

パワーエレクトロニクス

840kVA インバータの写真

840kVA インバータ

業界最小クラスの実現

ドライブ製品製造のノウハウと、先進の電動機制御技術を集約し、小容量タイプにおいては業界最小クラスのサイズでスマートなオールインワン・パッケージ仕様としました。

インバータとは?

インバータは、モータへの給電を可変電圧・可変周波数にすることにより、モータの回転を可変速にする機器です。モータを可変速にすることにより、ファンやポンプの省エネ運転、および押出機やミキサの高トルク運転を実現することができます。

電圧・容量ラインアップ

電圧・容量ラインアップ

電圧・容量ラインアップ

2.4 - 11kVの幅広い電圧帯に対応しています。3.3kVにおいては180kVAから5MVAまで、6.6kVにおいては360kVAから10MVAまでの幅広い容量帯に対応し、またレパートリーもきめ細かく用意しているため、お客様のニーズに応じた最適な提案が可能です。

お客様のニーズを実現するバックグラウンド

日立創業小屋からの発展

日立は電動機及びその応用分野に100年を超える経験を有します。その始まりは、私達が現在「創業小屋」と呼ぶ小さな町工場でした。

創業初の5馬力誘導電動機

創業初の5馬力誘導電動機

日立のインバータは先進の電動機制御技術で、世界中の鉄鋼、上下水、化学、交通、電力などの分野で品質向上や省エネに貢献しています。

約80年にわたるドライブの歴史

1973年から2007年までのドライブ歴史
2016年 HIVECTOL-HVI 小容量ラインアップ追加

HIVECTOL-HVI-E2の写真

2011年 HIVECTOL-HVI-E ラインアップ追加

HIVECTOL-HVI-Eの写真

2007年 HIVECTOL-VSI-H30MVA
(2バンク)の完成

HIVECTOL-VSI-H30MVAの写真

2002年 HIVECTOL-VSI-MH20MVA
(2バンク)の完成

HIVECTOL-VSI-MH20MVAの写真

1999年 省エネ高圧ダイレクトインバータ
出荷開始

省エネ高圧ダイレクトインバータの写真

1995年 HIVECTOL-VSI-Gの20MVA
(2バンク)の完成

HIVECTOL-VSI-Gの20MVAの写真

1986年 D.VECTROL-C初号機出荷
(主機モータAC化対応高性能ドライブ装置)

D.VECTROL-Cの写真

1982年 世界初ディジタル式サイリスタレオナード装置製品化
(高精度、モータ制御装置のDNA製品)

世界初ディジタル式サイリスタレオナード装置の写真

1973年 HILECTOL量産開始
(DCモータ制御装置の標準シリーズ完成)

HILECTOLの写真

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。