ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

機能一覧

  • 運転監視機能(MMS)機能
  • 帳票支援システム(Excel/RPC)機能
  • グラフィック画面作成(PGS)機能
  • 開発環境プログラム(VoguE)
  • データアクセス(DAS)機能
  • MES関連機能(ProductNEOインタフェース)*
  • システム管理(SMS)機能
  • SQL機能(オラクルインタフェース)*
  • シーケンシャル・ファンクション・チャート(SFC)機能
  • 遠隔監視リモートPOC機能
  • ラダー(ALD)機能
  • デュアルコンソール機能
  • ファンクション・ブロック・ダイアグラム(FBD)機能
  • マルチウィンドウ機能
  • ループ図作成機能(LCS)
  • OPCサーバ機能 *
  • 品種管理機能 *

*:オプション
MMS:Man Machine Subsystem
PGS:Picture Generation Subsystem
DAS:Data access subsystem
SMS:System Management Subsystem
ALD:A Ladder
LCD:Loop Control Diagram
SQL:Structured Query Language

システム規模

POC台数 4台/システム
コントローラ台数 4台/システム
オプションでPOC/コントローラの台数拡張可能です。

コントローラの制御点数(コントローラ1台あたり)

DI 1,536点
DO 1,024点
AI 512点
AO 128点
DDC制御 128ループ

情報提供サービス

他社所有商標などの表示

  • Ethernetは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Microsoft® Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商品名称です。
  • その他、記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

注意事項

  • 正しく安全にお使いいただくため、ご使用の前に必ず「取扱説明書」、「マニュアル」などをよくお読みのうえ、お守りください。
  • 製品仕様は、改良のため変更することがあります。
  • 本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法並びに米国の輸出管理関連法規などの規制をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。