ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

人々のニーズは、常に変化し続けています。製造業・サービス業においては、その世の中の流れに迅速に呼応した物やサービスの提供が求められています。即ち、従来からの少品種多量生産の形態から多品種変量生産へと移行してきています。

解説図

また、計算機やネットワーク技術の進歩と、それらのオープン化に伴い、パソコン・サーバー・シーケンサ・イーサネットなどの汎用機器によるシステム構築、即ちシステムのダウンサイジング化が多く行われるようになっています。

更に、システム開発の生産性や、使いやすさの面で、優れたユーザインタフェースを持つ市販流通ソフトの採用が増えてきています。

上記のような市場動向に伴い、システムには下記のような要件が求められています。

  • 市場ニーズの変化に即応した、柔軟な改造ができるシステムを、生産を止めないで実現したい。
  • 生産と販売と管理を統合したシステムを作り、互いに必要な情報交換をしたい。
  • 運用開始後も重要度と予算に応じて、部分的に信頼度を向上させたい。
  • 市場動向がわかっていて、見直しできるところから作っていきたい。
  • システム最終形までを見た投資ではなく、その都度必要な分だけ投資したい。

解説図

このように、まず最低限度の設備を投資し、経済状況、需要動向、顧客ニーズに応じて、短期間に設備を変更・拡張できるシステムが求められています。

日立の自律分散システムは、それらに柔軟に対応できるシステムを提供致します。