ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

開発メリット

  • ソフト設計段階の工数削減
  • 試運転段階のプログラムフロードキュメントレス化を実現
  • 試運転段階のオンラインテスト工数削減

運用メリット

従来と現状を比較した解説グラフ

  • システムの拡張性・柔軟性があり、日々の現場改善内容に迅速に対応できます。
  • 現行のシステムを動かしたまま、システムの増改造ができます。
  • 障害箇所の特定が可能のため、システムを停止せずに保守ができます。
  • 製造分野のみならず、サービス分野まで含めた統合システムに対応いたします。