ページの本文へ

Hitachi

情報制御プラットフォーム

はじめに

日立の自律分散システムは、生物を範として生まれた画期的なシステムコンセプトとして1977年より開発が始まり、以来、鉄道や鉄鋼などの一般産業向け情報制御システムに適用されてきました。

1993年には、第一回の自律分散システム国際会議(ISADS)が日本で開催され、世界16カ国286人が参加し自律分散システムの可能性についての議論が交わされ、その後、継続して進められています。ISADSは、その後、米国(1995)、ドイツ(1997)、日本(1999)で開催され、以降、2年毎に開催されています。

国際会議(ISADS)の開催状況を記載した世界地図。1993年日本、1995年フェニックス、1997年ベルリンで開催されました。
自律分散システム国際会議(ISADS)開催

文部省の科学研究費重点領域研究の対象にも選ばれ、全国の大学研究者とともに日立も参加を要請され、研究を進めました。アメリカのカリフォルニア大学やアリゾナ州立大学との共同研究や、米国産業界とは米国次世代生産システムプロジェクトでの交流を行ってきました。また、自律分散システムをより多くの分野でお役立ていただけるように、その応用技術を磨き、国内外に300件に及ぶ特許を提案してまいりました。

1994年にEthernetベースのオープン自律分散システム(およびネットワーク)を製品化、1996年にネットワーク仕様を公開し、国内のFA標準化推進を図りました。この公開された仕様を用いて、MSTC((財)製造科学技術センター)/JOP(FAオープン推進協議会))にて、大学・ユーザ・ベンダが参加して標準化および実証プロジェクトが進められました。JOP仕様として、Ethernetベース自律分散ネットワーク(ADS-net)の仕様が制定され、1999年にそのプロトコル仕様書(和文版・英文版共)がMSTCのホームページより無償公開されました。この仕様に基づいて、世界中の誰もが自由にロイヤリティフリーで、ADS-netを開発・販売・使用できるようになりました。真の意味でオープンな分散型システム向けコミュニケーションプラットフォームとして、今後のますますの普及が期待されています。

さらに、国際標準化としては、ISOにて、ADS-netを含むEthernetベースの制御ネットワークのフレームワーク標準化提案がNWIP(New Work Item Proposal)として採択されました。その後、2003年には、ADS-netは国際標準(ISO15745)となりました。ADS-netは日本発の国際標準ネットワークとして、世界をリードしていくものと期待されています。