ページの本文へ

Hitachi

医薬品プラント設備・システム:日立

業務の正確化を促進

SOPに定められた手順で、オンラインのデータの自動収集、手作業の確認入力を実行。作業記録管理の徹底化により、製造記録の記入漏れや転記ミスを防止できます。

オンライン化やペーパーレス化を推進

製造指図書の作成、承認、発行といった一連の流れを、端末からオンライン処理で実現可能。また、作成された製造指図・記録書も電子化することで、ペーパーレス化を推進できます。

業務の変化にスムーズに対応

SOPの登録、帳票の定義をエンドユーザーの方が行えるため、新薬製造などによる運用形態の変更にもスムーズに対応できます。

規模に応じた最適なシステムを提供

スタンドアロンシステムから、基幹システムと連携した統合管理システムまでをそろえています。幅広い構築ニーズに対応し、現場の規模に合わせた最適なシステムを提供できます。

システム環境の変化に柔軟に対応

クライアント端末に複数バージョンのWindows® を混在させることができ、端末の増設やサーバーリプレースなどに対し、柔軟に対応できます。

MES:Manufacturing Execution System
GMP:Good Manufacturing Practice
SOP:Standard Operation Procedure