ページの本文へ

物流・搬送システム:ロジスティクスシステム:日立

Hitachi

お客さまのご要望に応じて、定期点検、年次点検を実施するための点検契約となります。
定期的な点検・整備を行うことにより、次のようなメリットがあります。

  1. 故障の未然防止を図ります。
  2. 的確なアドバイスおよび迅速な修復を行います。
  3. 障害発生頻度の低減と維持費用の抑制が可能です。
  4. 経費の計画的な運用が可能です。

長期的、計画的な予防保全管理

定期点検を計画的に行うことで、部品の寿命を判断でき、的確で計画的な修理を進めることが可能となり、安定稼動の実現をサポートします。

概要図

故障時の迅速な修復対応

お客さまからの障害連絡に対して、復旧支援指導、リモートメンテナンスやオンコール対応により、迅速な復旧対応が可能です。

概要図

維持費用の抑制

計画的な点検を行うことで大きなトラブルを防ぎ、全体的にトラブルの発生頻度を抑えることが可能です。
このため、トータルの維持費用が抑えられます。

グラフ

保守メニュー

安定稼動のために、次のようなメニューをご用意しています。

  1. 定期点検:
    年数回の定期点検を行います* (年次点検と合わせてご利用下さい) 。
  2. 年次点検:
    年1回の点検を行います。*
  3. 制御機器リモートメンテナンス:
    設備コントローラを遠隔操作にて復旧またはデータ解析するサービスです。
  4. オンコール保守:
    緊急時に現地修理を行います。
  5. 保守管理:
    お客さまの故障および修理履歴を管理します。
  6. 修理計画提案:
    お客さまのご要望に応じて、中長期メンテナンス計画を提案します。
*
自動倉庫のスタッカクレーンは、法令「クレーン等安全規則」に基づき、点検内容が定められています。