ページの本文へ

物流・搬送システム:ロジスティクスシステム:日立

Hitachi

大量かつ多品種にわたる製品を、効率的に精度よく仕分け作業するために新しい集品方法として、ソータ式の集品システムを開発しました。

集品システムの概要

概要図

*
DPS:デジタルピッキングシステム

特長

  1. 仕分け作業の機械化・自動化により生産性向上を支援
  2. 作業工数・作業人員数を軽減
    1. シンプルな作業・自動仕分けにより作業工数を低減
    2. ソータ作業分けは商品を自動供給できるため、DPSへの補充作業が減少
    3. 自動仕分けによる精度向上により、出荷前の検品作業工数が低減可能
  3. 高精度ソータによる機械自動仕分けにより、作業ミスが減少(集品精度の確保)
    1. 作業がシンプルで作業の習熟が早い
    2. 要員の確保がしやすい(パート・アルバイト対応)

(当社比)

システム概要

システム概要

  1. 入荷された商品は、検品と品温検査を行い保管されます。
  2. WMS(物流管理システム)からの商品供給指示によりソータおよびDPSに商品を供給します。
  3. 作業者は商品をソータに供給するだけで仕分けが行われます。
  4. 商品が仕分けられたシッパーはDPSを経由して搬送システムによりトラックへの積込順に搬送されます。

適用分野

生協などの個別宅配システム

納入事例

  • * 旧日立プラントテクノロジーにて作成された資料です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。