ページの本文へ

化学プラント:日立

Hitachi

ポリブチレンテレフタレート(PBT)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリ乳酸(PLA)、ポリカーボネート(PC)など、溶融重縮合反応系のプラスチック生産設備は世界各国で豊富な納入実績を誇ります。これらプラント用高粘度液処理装置(重合機)も豊富にラインナップしています。

納入事例:ポリブチレンテレフタレート(PBT)プラント

写真:ポリブチレンテレフタレート(PBT)プラント

概要
納入年 2002年
納入場所 国内
生産能力 年産 60,000トン
特長 PBTの生産量、品質保証

重合プラントとは

重合プラントとは、溶融重縮合法によってポリマー製品を生産するプラントです。ポリマー製品として、ポリエステル、ポリカーボネート、ポリアミド(ナイロン)、ポリアセタール(POM)などが含まれます。通例重縮合反応は可逆反応であるため、副生成物であるグリコールまたはアルコールを反応系外へ効率的に除去することが求められます。

納入範囲

PBT、PET、PLAプラントに関して当社独自開発による生産プロセスを保有しています。これらのプラントでは、お客さまにプロセスの提供(ライセンス)から始まり、エンジニアリング・調達・施工まで一貫したソリューションをお届けします。詳しくはプロセスライセンスをご覧下さい。
また、当社のメガネ翼重合機格子翼重合機重合シミュレーションさらには実験設備(ポリマー製造プロセス開発)は、生産品の種類を問いません。プラントの中核となる重合機については、入口の処理液の性状をもとに、お客さまの望む出口の処理液性状となる仕様に設計し、お納めします。

プロセスライセンス、EPC、プラント設計、機器設計・納入と、お客さまのニーズに合わせフレキシブルできめ細やかなソリューションを提供します。

適用分野

PBT、PET、PLA:
プロセスライセンス、EPC、プラント設計、機器設計・納入
PC:
EPC、エンジニアリング、機器設計・納入(反応器のみプロセス保証可能)
ポリアミド、POM:
EPC、エンジニアリング、機器設計・納入
PTT*:
プロセス(開発中)、EPC、エンジニアリング、機器設計・納入

上記以外の生産品のプラントについても、ぜひ当社へお問い合わせください。豊富な実績と確かな技術でお客さまのお悩みを解決します。

*
PTT(ポリトリメチレンテレフタレート)