ページの本文へ

化学プラント:日立

Hitachi

当社の環境試験システムは試験目的に合わせて温湿度、気圧、風、雨、雪、日射といった天候や振動などの条件作り出すシステムです。
低緯度から高緯度、砂漠から熱帯、地上から宇宙空間など考え得るさまざまな天候条件に対応可能です。
また宇宙空間をシミュレートし、超高真空や日射の状態を再現するスペースチャンバの納入も手がけています。

設備概略図と構成

基本構成は、被検査物を収める試験用空調室と環境を可変するための空調機/冷温熱源設備、これら環境装置の制御・監視を行い、データを解析する制御用コンピューターシステムから構成されます。
また試験項目に応じて日射をシミュレートする照明、風を発生させる大型ファン/風洞、降雨降雪用のシャワー、降雪機、振動を与える起振装置などを付加して試験目的にあった環境試験装置のエンジ二アリング-施工を行います。

用途別事例

自動車関連環境試験装置

画像:自動車関連環境試験装置

  • 世界各地の自然環境をつくりだします。
  • 完成車、エンジン、各種部品試験など広い範囲に対応します。
  • コンピュータで高精度の条件設定が可能であり解析データを収集します。
  • エンジンルーム内でのエンジン環境を再現します。
  • より実車に近いラジエータクーラント、オイルの温度、流量、熱量制御が可能です。
  • 自動車を構成する各重要機器の環境を再現します。
  • 高い制御性、信頼性による開発時間の短縮に貢献します。

(当社比)

日射シミュレーションシステム

写真:日射シミュレーションシステム

自然環境の太陽光を試験室内で再現します。

  • メタルハライドランプを使用し、太陽光スペクトルに近い日射を実現します。(用途に応じて光源の変更が可能です)
  • シミュレーション解析により、日射量を高精度、広範囲に制御することができます。照明の方位角、仰角を任意に変化させることができます。

降雨・霧試験システム

写真:降雨・霧試験システム

自然環境に近い降雨・霧を人工的に作ります。

  • ノズル噴射圧力を制御し、霧雨から豪雨までさまざまな条件を作ります。
  • 湿度制御と噴霧制御を組み合わせて均一で安定した霧を短時間で発生させます。

風洞試験システム

システム概略仕様(自動車用実車風洞の事例)

  • 風速:0〜300km/h
  • 温度:-50℃〜+50℃ 路面輻射:室温〜80℃
  • 日射:0〜1,300W/m²
  • 降雪:0〜200mm/h 降雨:10〜300mm/h
  • 霧(視程):10〜100m

低圧試験システム

  • 高地における性能確認用としてOA機器から自動車まで幅広く対応します。
  • 用途・規模に合わせた形状・システムを提案します。
  • 機器以外にも人間工学用やスポーツのトレーニング用としても使用されており、その安全性・信頼性においても高い評価をいただいています。