ページの本文へ

Hitachi

産業制御プラットフォームシリーズ

化学・食品製造向けソリューション ProductNEO/Operateのイメージ画像です。 匠の技を、すべての人に。

明確な作業ナビゲートで、手作業のミスを防止。作業品質を高め、企業競争力を向上させます。

手作業工程と設備自動制御工程が混在する製造工程。手作業工程では、不明確な指示や手順の誤りが作業ミスを引き起こし、製品不良や手戻り作業のリスクが増大しています。
そこで、日立の製造管理システム「ProductNEO/Operate」。
SOP(標準作業手順)による作業ナビゲートで、不慣れな作業者にも適切な指示を行い、誤作業を防止。現場端末や設備監視・制御システムと連携し、人とシステムの協調を実現するとともに、実績収集を自動化します。また、基幹系や生産管理システムともリアルタイムに連携し、全体最適化やトレーサビリティを支援します。作業品質を高め、企業競争力を向上させる新しい製造現場のカタチをご提供します。

人とシステムの協調を実現するMESパッケージ「ProductNEO/Operate」。

ERP:Enterprise Resource Planning
MES:Manufacturing Execution System
SCM:Supply Chain Management
SOP:Standard Operation Procedure