ページの本文へ

Hitachi

ファン・ブロワ

トンネル内の環境保全に貢献する換気用ファンをご紹介します。

ジェットファン・ブースターファン

写真:ジェットファン・ブースターファン

自動車から排出される媒煙や一酸化炭素をトンネル外に排出し、安全で快適な走行を支援します。
自動車の走行方向に向けて換気するため、建設コスト削減に貢献します。

特長

電動機に取り付けた羽根車を、吸音材を貼り付けたケーシングに組み込んだシンプルな構造の軸流ファンで、トンネル天井部に吊り下げて使用します。

ジェットファン:両方向吹き出しが可能
ブースターファン:一方向吹き出しのみ

標準仕様

換気量の条件によって定まる適用機種の値を示します。(JF:ジェットファン、BF:ブースターファン)

標準仕様
型式 JF600 JF1000 JF1250 JF1500 BF1250 BF1500
1秒あたりの吐出風速 30m/s以上 30m/s以上 30m/s以上 30m/s以上 30m/s以上 30m/s以上
1秒あたりの風量 8m³/s以上 25m³/s以上 37m³/s以上 55m³/s以上 37m³/s以上 55m³/s以上
効率 60%以上 65%以上 75%以上 70%以上 75%以上 70%以上
騒音 90dB(A)以下 95dB(A)以下 95dB(A)以下 95dB(A)以下 95dB(A)以下 95dB(A)以下
口径 630mm 1,030mm 1,250mm 1,530mm 1,250mm 1,530mm
外径 800mm 1,200mm 1,450mm 1,750mm 1,450mm 1,750mm
全長 3,000mm 4,250mm 4,250mm 4,250mm 4,250mm 4,250mm
出力 11kW以下 25kW以下 30kW以下 50kW以下 30kW以下 50kW以下
概算質量 600kg以下 1,300kg以下 1,800kg以下 2,500kg以下 1,700kg以下 2,300kg以下
  • * 吊金具類の質量は含まれておりません。
  • * 騒音の単位に付される(A)はAスケール補正値を示します。

高風速仕様

換気量の条件によって定まる適用機種の値を示します。(JF:ジェットファン、BF:ブースターファン)

高風速仕様<
型式 JF600H JF1000H JF1250H
1秒あたりの吐出風速 35m/s以上 35m/s以上 35m/s以上
1秒あたりの風量 10m³/s以上 29m³/s以上 43m³/s以上
効率 70%以上 75%以上 75%以上
騒音 90dB(A)以下 95dB(A)以下 95dB(A)以下
口径 630mm 1,030mm 1,250mm
外径 800mm 1,200mm 1,450mm
全長 3,000mm 4,250mm 4,250mm
出力 15kW以下 33kW以下 50kW以下
概算質量 600kg以下 1,300kg以下 1,800kg以下 
  • * 吊金具類の質量は含まれておりません。
  • * 騒音の単位に付される(A)はAスケール補正値を示します。

オプション仕様

  • 坑口騒音を低減する低騒音ジェットファン
  • 経年的な騒音上昇を抑制する耐塵形ジェットファン
  • 耐蝕性に富んだオールステンレス製ジェットファン

適用分野

道路トンネル換気用

送風機・排風機

長大なトンネルでは、トンネル内に新鮮な空気を送り込み、汚染空気を排出するために口径2,000mmから4,000mmの大型軸流ファンを設置しており、また、火力発電所にも数多くの軸流ファンをお納めしています。

写真:トンネル換気設備大容量ファン
トンネル換気設備大容量ファン

写真:火力発電所大容量ファン
火力発電所大容量ファン

写真:火力発電所大容量ファン(可変動翼)
火力発電所大容量ファン(可変動翼)

特長

  1. 大風量の換気に適しています。
  2. 設置スペースに応じて立形もしくは横形配置が可能です。

仕様

トンネル換気最大:φ4,000mm /単段/307m³/s/1.52kPa/690kW
火力用最大    :φ4,250mm / 2段 /832m³/s/8.14kPa/9,100kW

オプション仕様

  • 動翼可変方式:ファン回転中に動翼の角度を任意に操作する機構を備えているため、目的に応じた風量運転が可能となりランニングコスト低減が可能です。

(当社比)

適用分野

  • 長大なトンネルや都市型トンネルの換気用(送気・排気)
  • 坑口環境の維持(集中排気)
  • 火力発電所 押込通風機、誘引通風機