ページの本文へ

Hitachi

電力系統監視制御システム

システムの統合・集約化、運用・保守の広域化を実現

  • 運用センターの設置場所が自由となります。
  • 監視制御システムを統合し集約することが可能となります。
  • 保守・保全を行う管理センターを統合できます。




IED:Intelligent Electronic Devices
IP:Internet Protocol

広域分散型電力系統監視制御システム:図説

設置場所が自由

電力系統の運用(監視制御)を行うセンターは、電圧階層や地域や機能により分かれて設置されています。業務を効率化するためにセンターの統合を行う場合、それが行いやすいよう、センターごとの監視制御システムの設置場所を自由に設置することが可能となります。

システムの統合

これまで階層ごと、地域ごと、機能ごとに分かれていた多数の電力系統監視制御システムの統合や集約が可能となります。
データセンターは複数のシステムに対し共通のメインセンターとバックアップセンターを設置します。

システム管理センターの統合

これまでシステムごとに分かれていた管理センターを一つに統合することが可能となります。

お問い合わせ