ページの本文へ

Hitachi

電力保護制御システム

日立は、優れた系統解析技術で電力システムを強力にバックアップ致します。

送電系統の概念図

送電系統には各箇所により様々な現象があります。今後、再生可能エネルギーが大量に導入され、現象はさらに複雑になることが予想されます。そのためスマートグリッドの導入が進んで行きますが、設備の導入により系統に生じる現象をあらかじめ解析することが重要となります。日立は系統解析技術を有しており、より有効で強固なスマートグリッドの構築をお手伝いします。

系統図

解析方法の選別

解析対象とする規模,現象,時間、または、検討ステップで、解析方法を選別します。

解析ステップ図

解析方法分布図

解析ツール

1.実効値演算

TSAP(日立独自プログラム)
潮流計算、過渡および動態安定度、電圧安定性解析、発電機の軸ねじれ解析、直流設備の解析を扱える。

PSS/E
MATLABとリンク可能。系統の各種障害の対策を効率的に検討できる。

ETAP
モデルデータの作成にGUIを用いる。MATLABとリンク可能。

2.瞬時値演算

EMTP(ATP)
ユーザ登録をすれば、無料で使用できる。モデルデータの作成用にATP-DrawというGUIルールが準備されている。

EMTP-RV
メンバーシップ制。モデルデータの作成用にEMTPWORKSというGUIルールが準備されている。

PSCAD/EMTDC
モデルデータ作成用のGUIに優れ、大規模モデルやパワエレ機器を対象とした解析に向く。

MATLAB
基本プログラムにオプションを追加することで、電力系統や制御ブロックに関する解析が可能になる。

3.シミュレータ

工場シミュレータ(アナログシミュレータ)
模擬送電設備を中心として構成されており、試験機器を接続して実験を行うことができる。

RTDS(デジタルシミュレータ)
GUIに優れ、扱いやすい。外部装置とのI/Oインターフェイスを備える。

HVDC:High Voltage Direct Current
BTB:Back to Back
IGBT:Insulated Gate Bipolar Transistor
STATCOM:Static Synchronous Compensator
GUI:Graphical User Interface
PSS:Power System Stabilizer
I/O:Input/Output
SSC:System Stabilizing Controller
ELD:Economic Load Dispatching
SVC:Static Var Compensator
AVR:Automatic Voltage Regulator

  • 記載されている他社の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ