本文へジャンプ

日立環境情報ソリューション EcoAssistシリーズ

Hitachi

製品環境規制への対策、あなたの企業は万全ですか?

  • 設計段階で、製品中の化学物質の量がわかればいいのだが…。
  • 化学物質に関する報告書を納め先ごとに作成する手間が膨大だ。
  • 化学物質管理に対応しないと、今後の取引に支障が出そうだ。
  • 環境規制対応、一体なにから手をつけたらいいのか?
  • 部品や材料の化学物質データが、サプライヤーから集まらない。

世界規模で拡がるRoHS指令、ELV指令、REACH規則に、いま、対応が急務です

近年、施行が進む環境規制。なかでもRoHS指令とELV指令、REACH規則は、日本企業にとって重要な規制です。電気機器製品と自動車に関して、特定化学物質の使用制限や含有化学物質の報告・公開を義務と定め、これに対応できなければEUへの製品輸出を制限するというものです。しかし、部品や材料すべての化学物質情報を収集し、製品単位に集計するには膨大な労力と専門知識が必要です。
どうすれば、この環境規制を難なくクリアできるでしょう?その答えが、日立製品含有化学物質管理システム「EcoAssist-Proシリーズ」です。

製品中の化学物質管理、EcoAssist-Proシリーズが解決

製品に含まれる化学物質の管理には、ネジ一本まで見落とさない細やかな情報管理。つまり、生産プロセスを包含するサプライチェーン全体の情報管理体制が必要です。 日立製品含有化学物質管理システム「EcoAssist-Proシリーズ」は、ネットワークでサプライヤーと結び、効率的で漏れのない化学物質情報収集の仕組みを提供します。これを日立が提供する化学物質情報や解析ツールと併せることで、製品・部品・含有部位ごとの化学物質集計を自動化し、納め先への報告書作成まで、一気通貫の化学物質管理を実現します。また、約1万2000種*1におよぶ膨大な化学物質のデータベースにより、RoHS指令・ELV指令だけでなく、将来の新たな環境規制にも対応が可能。さぁ、環境経営時代のグリーン企業の輪へ。日立がそのアドバンテージの確立をお手伝いします。

*1
(2005年6月時点)

調査依頼から報告書作成まで一貫サポート

画像:データ収集からデータ集計、報告書作成まで一貫サポート

  • サプライヤーに多彩なデータ登録方式を提供。Web画面やJGPSSIフォーマット*1による入力、CSV形式によるアップロード*2などに対応します。
  • JPGSSIの24物質群のみでなく、CAS bナ管理されている約12,000種の物質をサポートします。
  • 製品・部品・部位ごとに化学物質管理が可能です。副資材(メッキ・塗料・梱包材など)も管理対象にできます。
  • 製品を構成する部品のなかで、未調査の部品とそのサプライヤーの情報を一覧表示します。
  • お客様のCADやPDMシステムの部品表データと連携し、化学物質評価をいたします。
  • 集計したデータはExcelなどに出力が可能。指定のフォーマットで報告書を作成できます。
*1
JGPSSI Ver3に準拠
*2
個別対応

お問い合わせ

環境情報ソリューションに関するお問い合わせは下記からご連絡ください。

  • お問い合わせ