本文へジャンプ

日立環境情報ソリューション EcoAssistシリーズ

hitachi

求められる法規制対応、サプライチェーンからのグリーン調達要求

今、素材化学メーカでは、REACH規制やGHS勧告などの法規制、サプライチェーンからのグリーン調達要求によって、よりきめ細かな情報収集、情報管理、情報開示が求められています。しかし、情報が企業内の各部門に分散していては、対応に手間取るばかりか、回答に時間がかかれば顧客からの信頼を失うことにもなりかねません。

  • REACH規制対応で、社内に分散管理されている含有化学物質情報の把握が大変。
  • 取引先からのグリーン調達要求に対して、詳細な有害物質情報を提供したいが情報の整理が難航。
  • 製品安全データシート(MSDS)やGHSラベルの作成に多くの手間がかかっている。
  • 化学製品の新規開発時に、社内の関連セクションで独自に法適合を調査しており不安。

画像:一連の化学物質管理業務

コンサルティングからコンテンツ提供まで、化学物質管理のトータルソリューション「Chemilution-Pro」がお役に立ちます

単なるパッケージではなく、日立が長年積み重ねてきたノウハウやコンテンツをトータルに提供します。これにより、急なグリーン調達要求に対する即応体制の確立、法規制の動向を予測した先手管理、部門管理された情報の一元的な活用を支援し、化学物質管理業務におけるお客さまの課題を解決します。

画像:コンサルティングからITシステム・コンテンツまでトータルに提供します

お問い合わせ

環境情報ソリューションに関するお問い合わせは下記からご連絡ください。

  • お問い合わせ