本文へジャンプ

日立環境情報ソリューション EcoAssistシリーズ

Hitachi

PRTRの枠を超えた戦略的な化学物質総合管理へ

画像:PRTRから化学物質統合管理へ

化学物質管理が経営に影響を与える要因となってきた現在、化学物質管理はリスク管理を目的とする「PRTR」からEMS、グリーン調達などと連携した化学物質「総合」管理へ拡大してきています。

化学物質総合管理は化学物質基本データ化がカギ

化学物質基本データ化は、PRTRの届け出に使用したり、リスク分析をしたり、調達品中の含有成分をチェックして輸出先の製品化学物質規制に抵触しないかどうかを確認するなどの多種類の用途に用いることができます。
それだけに、データ対象とする管理物質選定と物質情報収集を基本業務として取り組まなければなりません。
しかし、実際にはPRTRだけを化学物質管理とした化学物質基本データを作成しています。
あなたの会社はそうなっていませんか?

画像:化学物質統合管理と化学物質基本データ化の相関図
* ここでは化管法の全体をPRTRと簡易表現

化学物質総合管理システム「Chemilution」が解決します

日立化学物質総合管理システム「Chemilution(ケミリューション)」は、まず各セクションが抱える化学物質情報をネットワークで収集し、日立が提供する物性・法規情報と併せた化学物質基本データ化により全社データベースを構築します。
これを活用することにより、PRTR集計による報告書作成はもちろん、グリーン調達など環境経営全般の推進に役立てることも可能です。
PRTRの枠を超えた管理を、ネットワークで展開する。戦略的な化学物質管理は、日立にお任せください。

画像:Chemilution サービス構成図

お問い合わせ

環境情報ソリューションに関するお問い合わせは下記からご連絡ください。

  • お問い合わせ