ページの本文へ

Hitachi

クラウド型機器保守・設備管理サービス「Doctor Cloud」

クラウド型機器保守・設備管理サービス「Doctor Cloud」

世界中で稼動する機械の時々刻々の情報を収集・分析し、お客さまのサービス事業の拡大に貢献します。

日立は、機械の監視・保守・メンテナンスにおける長年の実績があります。
さらに日立のもうひとつの強みであるITサービス( クラウド・情報セキュリティ) を融合させ、M2M*クラウドで収集した情報が設備管理ソフトに自動的に連動し、工場全体のデータを蓄積・分析します。そこから新たなサービス事業を創出し、お客さまの事業拡大に貢献します。

Doctor Cloud の導入効果

効果1:
サプライヤーからパートナーへ

機械の詳細な稼動データを入手する事により、より顧客の立場にたった提案ができます。

効果2:
新しいビジネス創出と
ライフサイクルコスト削減

稼働データを詳細に分析すると今まで知り得ない情報が生まれ、新しいサービスビジネスの提案やコスト削減案につながります。

効果3:
設備全体の保全管理が可能

機械単体だけで無く、蓄積した稼働データから機械やプラント設備固有の特性を見つけ、全体の保守・メンテナンスにも活用します。

*
Machine to Machine 機械同士が人間を介さずにネットワークを通じて直接情報をやり取りするシステム。

M2Mクラウドを活用した機器情報分析サービス

長年、日立グループが培ってきた、保守・遠隔監視サービスにクラウドを導入し、お客さまの新サービス創出をお手伝いします。

Doctor Cloud の特長

特長1:インフラ事業の実績を持つ当社ならではのサービス提供

  • 自社で機器を製造し、実際にクラウドを活用してきた経験から有効な活用方法をご提案できます。
  • 工場やプラント設備などのエンジニアリング・建設から得られたノウハウを活かし、設備全体に亘る保全計画のご提案ができます。

特長2:さまざまな新サービスの創出

  • 機械に付属している制御装置から時々刻々の情報を収集し、記録作成、エネルギー量、環境データ、予防保全など、様々なデータを分析し、新しい情報サービスを創出します。
  • 従来できなかった、シミュレーションと実際の挙動との比較、予兆診断、予防保全計画などの情報を求めることができます。それにより、タイムリーな訪問営業が可能となりヒット率が向上します。

特長3:経営コストの削減・効率的な運用提案

  • お客様の機械の稼働状況がつぶさに把握できるので、部品などの在庫適正化やメンテナンス時期の予測など適切なサービスの提供が可能となります。
  • 設備全体の適切な運転計画が実現でき、トータルエネルギーコストの削減が可能となります。

特長4:グローバルなM2Mクラウドサービスの提供

  • 機器1台ごとに出荷情報や機器構成、保守履歴などカルテ情報を一元管理し、カルテ情報や稼働情報を予兆検知に生かすことで機器メンテナンスを提案し、稼働率の向上につなげます。
  • 携帯電話網の使用により、新たにケーブルの布線が不要です。携帯電話の通じる場所なら国内外どこでも利用可能です。情報漏洩を防ぐ仕掛けでお客さまの大切な情報を守ります。

具体的な提供サービス

機械の監視

  • 警報の発報、その前後の機械制御データの記録・再生。
  • 警報の履歴管理と原因分析。

機械の寿命予測

  • 各部品の使用時間ではなく、劣化状態やトレンドから判断し交換時期を推奨。

データの各種計算

  • センサーがなくてもデータを計算で求めることができます。
  • 機械間連携のムダ時間の詳細分析が可能になり、適切なタクトタイムの提案が可能になります。
  • 業界別・地域別の統計を元に、特殊設計による他社との差別化が可能になります。

分析・解析のフィードバック

  • クラウドで分析・解析した課題を解決するための、機器の調整・レイアウト変更などの各種提案から現場での実作業までをワンストップでご提供します。
*
記載の仕様は、製品の改良などのため予告なく変更することがあります。
*
本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。
なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。

本サービスに関するお問い合わせ