ページの本文へ

圧縮機:日立

Hitachi

NEWインテリジェント操作盤

インテリジェント制御がこれからのコンプレッサーの世界標準

画像:オイルスクリュー圧縮機+Newインテリジェント操作盤=次世代の世界標準

高品質、高信頼性に加え、高効率・ロングメンテナンスによるトータルランニングコスト低減で好評を得ている日立オイルフリースクリュー圧縮機(SDS-NHシリーズ)。

その特長を生かし、さらにさまざまな面から省エネ省力を追及。特に、吐出圧力を精密に制御し、無駄な高圧力運転を防ぐことにより省エネを実現。

これからの時代のニーズにいち早く応える日立SDS圧縮機用NEWインテリジェント操作盤です。

アクティブパワーコントロール(APC)実施例

概要

エア消費風量とそれに伴う配管圧力損失の演算をNEWインテリジェント操作盤が行い、プラント圧力が一定になるよう圧縮機のロード/アンロード圧力測定値を自動制御します。エア消費風量変化に対応した自動運転(圧力制御)を行い、省エネを図ります。まさに次世代の圧縮機の制御を実現します。

エア消費量が100%の場合
圧縮機吐出圧力 配管圧力損失 プラント圧力
0.69(7.0) 0.10(1.0) 0.59(6.0)
エア消費量が50%に変化した場合
制御方式 吐出圧力 圧力損失 プラント圧力 効果
従来 0.69(7.0) 0.03(0.3) 0.66(6.7) 無駄な高圧力で運転
APC 0.62(6.3) 0.03(0.3) 0.59(6.0) 最適な圧力で運転
*
MPa(kgf/cm2G)

最適な吐出圧力での運転をアニメーションで紹介します。

省エネ試算

圧縮機の運転例

  • 圧縮機形式(モータ出力、吐出圧力):SDS-280(280kW、0.69MPa(7kgf/cm2G))
  • 年間総運転時間(24時間×5日/週×50週/年):6,000時間
  • 電力費単価:15\/kWh
  • 圧縮機100%風量時のライン圧力損失:0.12MPa(1.2kgf/cm2G)
  • 圧縮機運転平均負荷率(運転時間):90%(3,000時間)、50%(3,000時間)

運転例をもとに、アクティブコントロールON、OFF時の電力費を試算します。

パワーセーブコントロール(PSC)実施例

概要

空気圧縮機の負荷率に応じてアンロード圧力を下げ、余剰な空気圧力をカットし省エネを図ります。

エア消費量が50%に変化した場合
制御方式 圧縮機アンロード圧力 圧縮機ロード圧力 圧縮機平均吐出圧力
従来 0.71(7.2) 0.66(6.7) 0.68(6.95)
PSC 0.68(6.9) 0.66(6.7) 0.67(6.8)
*
MPa(kgf/cm2G)

従来機とパワーセーブコントロール搭載機の比較をアニメーションで紹介します。

省エネ試算

圧縮機の運転例

  • 圧縮機形式(モータ出力、吐出圧力):SDS-280(280kW、0.69MPa(7kgf/cm2G))
  • 年間総運転時間(24時間×5日/週×50週/年):6,000時間
  • 電力費単価:15\/kWh
  • 圧縮機運転平均負荷率(運転時間)
*
パワーセーブ機能により制御圧力幅が0.2kgf/cm2G

運転例をもとに、パワーセーブコントロールON、OFF時の電力費を試算します。

パワーカット&自動起動(ASS)実施例

概要

パワーカットとは、あらかじめ設定した圧力までライン圧力が上昇し、アンロード状態が設定時間以上経過すると圧縮機が自動停止します。自動起動は設定圧力までライン圧力が低下すると圧縮機が自動起動します。

画像:圧力・電力のグラフ

省エネ試算例

  • 圧縮機形式(モータ出力、吐出圧力):SDS-280(280kW、0.69MPa(7kgf/cm2G))
  • 年間総運転時間(24時間×5日/週×50週/年):6,000時間
  • 電力費単価:15\/kWh
  • 圧縮機運転平均負荷率(運転時間)
* 1日3回休憩時間(朝、昼、夜)に各30分ずつアンロード運転の代わりにパワーカットで停止した場合
制御方式 吐出圧力 圧力損失 プラント圧力 効果
従来 3回/日 アンロード運転 0.5時間 1.5時間/日×250日/年
パワーカット 3回/日 パワーカットで圧縮機停止 0.5時間 1.5時間/日×250日/年

省力化機能を搭載した簡単操作パネル実施例

概要

写真:簡単操作パネル

*上記画像ははめ込み合成です。

* 1日3回休憩時間(朝、昼、夜)に各30分ずつアンロード運転の代わりにパワーカットで停止した場合
画面表示 待機中表示 手元・遠方(操作場所)、スケジュール運転中、自動起動停止、自動起動待機中
運転中表示 容量制御空気圧力、ロード状態(0〜100%)、給油温度、他
予防保全表示 吸入エアフィルタ汚れ、エアクーラ汚れ、オイルクーラ汚れ、モータグリース補充、補機点検、本体点検、他
軽・重故障表示 軽故障検出箇所(温度、圧力、他)+メッセージ、重故障検出箇所(温度、圧力、他)+メッセージ、圧力低下(下限)、他
メニュー選択表示 制御設定 容量制御圧力、パワーセーブ、パワーカット、アクティブパワーコントロール、自動発停設定
運転情報表示 運転状態(日時、省エネ機能設定状態、スケジュール運転タイマ他)、温度・圧力、運転時間、アンロード回数、運転回数、運転圧力(4〜20mA)出力状態
運転履歴表示 1時間毎24回の運転情報記憶・呼び出し表示
予防保全履歴 予防保全表示時の運転情報記憶・呼び出し表示
軽・重故障履歴 軽・重故障発生時の運転情報記憶・呼び出し表示

リレー盤の場合実施例

画像:外観状況と操作盤
外観状況

*上記画像ははめ込み合成によるイメージです

変更作業内容
  項目 内容 数量 備考
1 インテリジェント盤 新製追加 1 電流計付
2 ドアパネル 新製交換 1 ヒンジの調節有り
3 温度センサ 交換 3 2段吸入・吐出、油
新製追加 2 冷却水出入口:ベース穴あけ
1 アフタクーラ出口:配管座有り
4 圧力センサ 新製追加 3 配管座有り
5 計器ラック 新製交換 1 圧力SW、電磁弁新製防音カバー内柱に取付
6 配管・配線作業 - 1 銅配管追加(一部ビニールホース)配線つなぎ込み
7 起動盤操作回路 新製追加 1 起動盤内に取付・配線