ページの本文へ

圧縮機:日立

Hitachi

機械の機能維持および予防保全のために

機械は運転経過とともに少しずつ部品の磨耗や劣化が進みます。安定した稼働を続け安心してお使いいただくためには、常日頃から機械の状態を把握し、予防保全のための定期的なオーバーホールによる部品交換や修理が大切です。
当社は豊富な経験と技術によって機械を再生し、寿命の長期化をはかります。

予防保全活動

  • 循環する日常の活動
  • スパイラルサイクルによるサービスレベルの向上

画像:予防保全活動全体図
「お客さまの日常管理」、「予防保全の巡回」、「計画的メンテナンスの提供」を繰り返すことにより、製品寿命の長期化を図ります。

故障発生と予防保全効果

圧縮機の故障パターンは下図に示す経過をたどり、故障率は偶発故障期を過ぎると急激に増加する傾向を示します。偶発故障期において、不具合を早い段階で検知して保全を行うことや、摩耗故障期に達する前に定期点検およびオーバーホールを行うことにより、製品寿命の延長を図ることができます。

画像:故障率と経過年数の相関グラフ
故障率と経過年数の相関グラフ