ページの本文へ

圧縮機:日立

Hitachi

日立独自の末端圧力一定制御による高い省エネ運転を実現

APC(Active Power Control)

エア消費風量とそれに伴う配管圧力損失をNICS(New Intelligent Control System)が演算を行い、プラント圧力が一定になるように圧縮機のロード/アンロード圧力設定値を自動制御。エア消費風量の変化に対応した自動運転(圧力制御)により、省エネ化を図るなど、次世代の圧縮機制御を実現しています。

画像:APCによる省エネ運転イメージ

エア消費風量が圧縮機容量比100%の場合

エア消費風量が圧縮機容量比100%の場合
圧縮機吐出圧力 配管圧力損失 プラント圧力
0.69MPa 0.10MPa 0.59MPa

エア消費風量が圧縮機容量比50%の場合

エア消費風量が圧縮機容量比50%の場合
制御方式 吐出圧力 圧力損失 プラント圧力 効果
従来 0.69MPa 0.03MPa 0.66MPa 無駄な高圧力で運転
APC 0.62MPa 0.03MPa 0.59MPa 最適な圧力で運転

APC(Active Power Control)省エネ効果

画像:APCによる省エネ効果

使用圧力:0.69MPa 末端最低圧:0.54MPa 圧縮機100%風量時のライン圧力損失:0.12MPa の条件にて平均負荷率70%運転の場合

(当社試算値)