ページの本文へ

圧縮機:日立

Hitachi

写真:圧縮機

圧縮機(コンプレッサ)とは、空気やガスなどの気体を圧縮するための機械です。圧縮機は、社会のさまざまな場所・用途で使われており、圧縮機なしでは現在の社会は成り立たないと言われています。当社は、石油精製プラント・化学プラント・天然ガスプラントなどの心臓部となる大型のプロセス用遠心圧縮機と、自動車関連、電子IT関連、食品関連、鉄鋼関連などの工場ラインで活躍する汎用圧縮機で豊富なラインナップを有しており、国内はもとより海外にも幅広く納入しています。

遠心圧縮機

プロセス用遠心圧縮機は、高い信頼性を要求されるプラントの心臓部として活躍しています。当社が独自に開発した高効率圧縮機は、世界各地で採用されています。

バレル形プロセス遠心圧縮機(BCH形)
筒型の垂直分割(バレル形)圧縮機は、水素ガスなどの軽いガスや約4〜35MPaの高圧力の用途に使用され、毎分約15,000回転までの高速でも安定した運転が可能です。
水平分割形プロセス遠心圧縮機(MCH形)
約4〜5MPaまでの圧力に適したMCH形圧縮機は、堅牢なケーシング構造に加えて水平分割ケーシングのためケーシング内部のメンテナンスが容易に行える構造になっています。
ガスパイプライン遠心圧縮機(PCH形)
天然ガスや原料ガスの輸送パイプラインステーションに適応した専用機をご用意しています。
オーバーハング遠心圧縮機(POB形)
約2MPaまでの低圧用途に、羽根車1枚のみの単段機をご用意しています。
磁気軸受搭載形遠心圧縮機
さまざまな回転機械でオイルレス化が進んでおり、プロセス用遠心圧縮機にも適用ニーズが高まっています。当社は、油を使わない磁気軸受、非接触ガスシールを遠心圧縮機に搭載することで、オイルレス化を実現しました。

往復圧縮機

超高圧圧縮機
エチレン製造プラントに使用する2次圧縮機で、その吐出圧力は98〜343MPa(1,000〜3,500kgf/cm²)におよび、非常に高い圧力と圧力変動を受けるため、一般の往復圧縮機に比べて、高度で特殊な技術が数多く採用されています。
プロセス用バランス型往復圧縮機
設備の心臓部として使用される圧縮機は、高い信頼性と効率性が要求されます。プロセス用バランス型往復圧縮機は、約90年にわたる豊富な経験、研究の成果および新技術を取り入れて製作しています。
高圧水素圧縮機
燃料電池車に供給する高圧水素(100MPa)用圧縮機として開発しました。超高圧圧縮機の技術を随所に取り入れ、高効率で高い信頼性を確保しています。

スクリュー圧縮機

業界最高レベルの省エネルギー性能、操作性の向上、低騒音化、環境負荷低減を実現するオイルフリースクリュー圧縮機<AIRZEUS SDS-U>シリーズが誕生しました。 年間約56,000kWh(280kWクラス当社比)の電力量削減、約31トンのCO2削減を実現しました。