ページの本文へ

Hitachi

地域エネルギーマネジメントシステム

大量の家庭用太陽光発電が接続された配電系統を安定化

概要

大量の太陽光発電導入による配電系統電圧の変動を、配電系統の高圧系と低圧系それぞれの電圧制御システムが協調して制御することにより、配電系統を安定化します。

特長/メリット

  • 高圧系システム(配電電圧制御システム)は、高圧系統内のLRT、SVR、SVC、PCS、蓄電池を使い、かつ複数の低圧系統システムと協調して電圧制御。
  • 配電電圧制御システムは、低圧系統システムに連系点を流れる電力の量を指示。
  • 低圧系統システムは、低圧系統内の蓄電池、蓄熱装置、PCSを使って電圧制御し、指示された電力の量を遵守。
  • 需要予測、太陽光等の発電量予測を行い、それらを活用して先行制御。

構成図

解説図

DSM:Demand Side Management
PCS:Power Conditioning System
LDC:Load Drop Compensator
SVC:Static Var Compensator
LRT:Load Ratio Control Transformer
SVR:Static Voltage Regulator