ページの本文へ

Hitachi

自動車生産管理システム「NXAUTO」

"NXAUTO" automobile production process management systems 自動車生産管理システム「NXAUTO」

日立の総合力が自動車製造業の進化をサポートします

自動車製造ライン
自動車製造ライン

自動車製造工程管理システムのノウハウを集約し、車両工場の車体・塗装・組立の工程管理・制御をサポート。世界の自動車メーカーで、約30システムが稼働し、グローバルSCMを支えています。

SCM:Supply Chain Management

自動車製造工程におけるソリューションMAP

その他導入実績のあるソリューション

  • SEQUENCER : 自動車製造工場の生産順序計画を的確に立案します。
  • Airlocation : 完成車ヤードの保管場所をリアルタイムに管理します。
  • POP : サブラインの製造工程の生産指示、実績収集を管理します。
  • ユニット加工 : ユニット品の鋳造・鍛造・加工工程をロット生産方式で管理します。
  • ユニット組立 : ユニット品の組立・検査工程を混流生産方式で管理します。

POP (Point of Production):生産時点情報管理

製品紹介:NXAUTO (日立自動車製造工程管理システム)

NXAUTO (エヌエックスオート) は、モノづくりの原点である、Q、D、Cの確保を目的とし、中核システムとして自動車製造工程をサポートするパッケージソフトウェアです。

導入効果

【工程管理視点】

  1. 品質の確保 (Q)
    生産ラインへの生産指示情報の提供による的確な製造など。
  2. 納期遵守 (D)
    オンラインでの取材管理による営業納期リクエスト即応など。
  3. コスト低減 (C)
    1. 中間工程での製造順列組み換えによる製造効率化 (平準化・同期生産)。
    2. シンクロ生産・部品供給情報提供による在庫削減など。

【工場管理視点】

  1. 1個流し生産のITによる支援。
  2. ワールドワイドでの製造管理の支援。
  3. 生産状況、製造実績、品質情報などの収集による“カイゼン”、“トレーサビリティ”の支援。

技術的特長

  1. 車両1台毎のリアルタイムトラッキング追跡・管理や各車両の個別仕様管理。
  2. 独自技術により高速リアルタイム制御を実現。
  3. 工程制約、負荷のバランス、部品在庫などを考慮したコンベア搬入・搬出制御。

エヌエックスオートによる自動車製造工程の解説図です。

BCR (Barcode Reader):バーコードリーダ
PBS (Painted Body Storage):塗装済み車体一時格納庫
PLC (Programmable Logic Controller):プログラマブル・ロジック・コントローラ

開発目的

  1. 30年以上の自動車製造管理システムの経験をパッケージに集約。
  2. 汎用MESパッケージではカバーしきれない自動車特有の機能を網羅。
  3. 自律分散技術、業界標準技術、WEB技術等の最新技術に追従。

MES (Manufacturing Execution System):製造実行システム