ページの本文へ

Hitachi

空港・エネルギー管理ソリューション

国内はもちろん地球的規模で大きな広がりをみせている航空輸送。ますます重要性を高めている空港交通にとって、最も大切なテーマは 「航空の安全」です。
日立は多様化するニーズにおこたえし、先進の技術に加え、長年にわたり培った高信頼性技術を駆使。
空港向けのさまざまな制御システムを開発し、より安全で効率のよい施設運用をサポートします。

夜の空港(滑走路)の画像です。先進の技術を駆使したシステムで、航空の安全を支えます。

機械施設管理保全システム

航空保安用機械施設を24時間にわたり監視するとともに必要なデータを解析し、不測の事態を予防する的確な保全情報はもちろん、施設の効果的な活用や機能の管理情報を提供します。

(関西、北九州、南九州、沖縄の各ブロックを納入)

機械施設管理保全システムの構成図です。

灯火監視制御システム

定電流調整装置 (CCR) の監視制御を行うシステムです。管制塔に設置される灯火運用卓を管制官が操作することにより、航空灯火の光度制御を行います。二重化により信頼性・保守性を高めています。

灯火監視制御システムの画像です。

ストップバーシステム

低視程時における航空機の滑走路への進入を、航空灯火により支援するシステムです。

運用開始

「運用開始」の解説図です。

管制官の運用開始指示により、滑走路に進入しようとする航空機を停止位置で一旦停止させるため、停止線灯を点灯し誘導路中心線灯を消灯します。

進入許可

「進入許可」の解説図です。

管制官の進入許可操作により、停止線灯を消灯し誘導路中心線灯を点灯させます。

航空機進入

「航空機進入」の解説図です。

航空機検知センサ1が航空機の進入を検知し、再び停止線灯を点灯します。