ページの本文へ

Hitachi

環境活動報告

地球環境保全が人類共通の重要課題であることを認識し、「環境との調和」を基本理念として、環境負荷低減をめざした事業活動を推進するとともに、環境に配慮した製品・サービスを通じて、環境保全に努めることにより社会的責任を果たしていきます。

ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)認証取得

制御プラットフォーム統括本部では、エネルギー利用効率の向上に向けた新たな取り組みを2012年4月から開始し、エネルギーマネジメントシステムの国際規格ISO50001の認証を日本の電機メーカ―として初めて取得しました。

"Energy Management Insight Award"を受賞

2016年6月、国際会合である「クリーンエネルギー大臣会合CEM:Clean Energy Ministerial」傘下のEnergy Management Working Groupが主催した、国際エネルギー管理リーダーシップ大賞(Energy Management Insight Award)を受賞しました。本賞は、ISO50001認証を取得し、優れたエネルギー効率改善およびコスト削減を達成したケーススタディを有する企業や組織を表彰するもので、大みか事業所のISO50001のフレームワークを利用したエネルギーパフォーマンス向上活動が、世界的なレベルで認められました。


ISO50001証書


受賞マーク

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得

制御プラットフォーム統括本部は、1996年10月に環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001認証を取得し、環境負荷削減の改善活動を継続的に推進しています。


ISO14001証書

スマートな次世代ファクトリー

制御プラットフォーム統括本部では、近隣の株式会社日立産業制御ソリューションズ株式会社日立パワーソリューションズと協力して、太陽光発電や蓄電池を活用した、分散型エネルギーマネジメントシステムの実証を推進しています。
これにより、省エネでかつ災害に強い工場エネルギーインフラの実現と、日立市の「スマート工業都市」プロジェクトへの貢献をめざしています。

実証イメージ図

トピックス

2017年6月7日
2016年9月1日
  • 「"Energy Management Insight Award"を受賞」記事を追加しました。
2016年8月8日
  • 環境活動報告をリニューアルしました。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。