本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

病院運営支援ソリューション:PET検診支援

PET検診支援サービスとは

医療機関がPET検査を導入するにあたっては、加速器やPET機器の調達、放射線施設の設計・レイアウト、導入後のPET薬剤の製造・検定や機器メンテナンス等の運用を検討する必要があります。

しかし、これらは専門知識が必要であると共に、機器には多額の投資が必要となるなど、PET検査の導入と運営は医療機関に大きい負担がかかります。

日立製作所は、これらの負担や課題に対し、機器の投資と調達、施設設計支援、プロジェクト管理等のエンジニアリングや検査開始後のPET薬剤製造支援、機器メンテナンス等の運用支援といった、PET検査の導入から施設運営までをトータルでサポートする「PET検診支援サービス事業」を展開しています。

image

 

PET運用に必要な設備と技術

日立はPET検診支援サービスを通じ、提携医療機関がより安全且つ高品位の医療サービスを提供できるように、支援していきます。

ソリューションパートナー実績施設

●東京女子医科大学病院 (所在地: 東京都新宿区河田8-1 )
●久留米大学病院 (所在地:福岡県久留米市旭町67)
●大和会武蔵村山病院 (所在地:東京都武蔵村山市榎1-1-5)
●日本医科大学病院 健診医療センター (所在地:東京都文京区千駄木1-12-15)
●総合相模更生病院 (所在地:神奈川県相模原市中央区小山3429)
●日立総合病院 (所在地:茨城県日立市城南町2-1-1)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。