本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

X線照射装置 SANGRAY

輸血用血液製剤にX線を照射する専用装置です。

現場からのご要望にお応えして長年培ってきた上下2方向X線照射方式です。

※日本輸血・細胞治療学会「輸血後GVHD対策小委員会報告」が発行している輸血によるGVHD予防のための血液に対する放射線ガイドラインにおいて、輸血後GVHDの予防策のーつとして放射線照射が有効とされています。

特長

  • 操作盤はタッチパネルを採用しています。
  • X線照射設定値15Gy、20Gy、25Gyを操作盤で選択できます。
    ※X線照射線量設定値は1.00Gy〜25.00Gyの任意の線量も設定可能。
    ※X線照射線量設定値はトレイ内の最低値。
  • 線量計により、照射積算線量をリアルタイムに表示します。
  • 大型の血液バッグ収納トレイ(以下、トレイという)はø350mm×70mmのため400mlバッグであれば同時に7バッグまで照射が可能です。
  • 線量計の故障等により正常な動作を行わなかった場合に、警報でお知らせします。
  • 防護ボックスの外部漏えい線量率は1μSv/h以下に遮蔽されています。
  • 操作者IDを登録することにより使用者を制限することができます。
  • 放射性同位元素を使用していないため、災害による汚染リスクや放射性物質の盗難の心配がありません。

X線照射方式

X線照射方式

 

Point

X線管装置を上下に配置しています。

  • 同時照射により処理能力を向上しています。
  • X線照射線量の均一化を図っています。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。