本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

ARIETTA60V

“ARIETTA”はHI VISIONシリーズ(旧日立メディコ社製)とProSoundシリーズ(旧アロカ社製)で長年培ってきた技術を融合させ、さらに日立製作所の各研究所とも連携して開発を行った新たな超音波診断装置です。

高品質な画像診断を支える先端技術

Symphonic Technology

品質の高い“音”を生み出すことにこだわり抜いた確かな技術を積み重ねることで、これまでにない微かな変化も捉え、迅速で正確な診断を可能にします。

image

豊富なプローブラインナップ

コンベックスからセクタ、リニアまで用途・部位に応じた多様なタイプのプローブを用意しました。様々な場面で活躍します。

Dynamic Slow-motion Display (DSD) *

image

リアルタイム画像とスローモーション画像を同時に表示することができます。
小動物の動きの速い弁の状態をリアルタイムで観察できます。

Dual Gate Doppler

image

2ヶ所のサンプル点のドプラ情報を同時に検出可能です。
血流だけでなく、組織ドプラと組み合わせることで
同時相のE/e'を算出することができ、検査時間の短縮が期待されます。

Free Angular M-mode (FAM)

任意の角度でMモード画像を構築することが可能です。

Real-time Tissue Elastography (RTE) *

組織のひずみをリアルタイムに算出することで硬さの違いを色付けします。

DICOM通信 *

HIS (hospital information system)とのリンクで検査情報の管理が可能です。

* オプション構成品です

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。