本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

ProSound F75 Premier CV

Natural Ergonomics

検査者に負担が少ない検査を

image

より自然で無理のない姿勢による検査は、検査者の疲労軽減、筋骨格系障害のリスク低減が期待できます。観測モニタや走査パネルの可動域を広く設計したプロサウンド F75 Premierは、様々な検査シーンにFITするスタイルが特徴です。

シンプルオペレーションにより、検査フローの大幅な効率化を実現

image

検査の効率を向上させるために、プロサウンド F75 Premier では検査前のセッティングから、検査のアウトプットとなるデータ管理にいたるまで様々な機能を搭載しています。
すべてのオペレーションがシンプルで直感的であること。期待する画像をより短い時間で描出し、診断できること。QuickSetter、自動音速補正をはじめとした画像最適化機能が、多彩な検査のスピーディー化を支援します。

シンプルな操作で効率的な検査を実現

QuickSetter

検査フローを中断することなく、必要な画像条件だけをワンアクションで切り替えられます。
さらに気に入った設定はその場で簡単に登録できます。

image

    例えば、
  • 患者さまの体格や対象部位に合わせて
  • 形態観察や質的診断などの検査目的に合わせて
  • 血管検査時の血流速度や診断レンジに合わせて

Image Optimizer

ワンアクションでスキャン中のイメージを素早く調整できます。

image

  • Bモード:画像輝度階調を常時自動モニタリングし、ワンアクションでユーザー好みの輝度に調整。同時に音速補正を行うことによって、フォーカスも最適化します。
  • ドプラモード:頻繁に調整が必要なVelocity rangeも瞬時に最適化。ベースライン自動シフト機能も搭載しています。

広がる診断領域に、継続的に対応

image

プロサウンド F75 Premier CV の高い汎用性は、単に対象臓器に対応する豊富なプローブの提供だけではありません。コンパクトでありながら観察領域に特化した専用機として充分な性能を発揮。
診断に必要な臨床分野ごとの計測やレポートを兼ね備えています。
導入フェイズ・稼動フェイズ・長期フェイズでのTCO(Total Cost of Ownership)にも配慮しています。

専門的な診断をサポートする機能や解析を搭載

循環器領域

image

  • 3DTEE*
  • 2D Tissue Tracking (2DTT)*
  • Vector Flow Mapping (VFM)*
  • TDI解析*
  • ストレスエコー*
  • Dual Doppler
  • eTRACKING (早期動脈硬化評価パッケージ)*
  • IMT自動計測*
  • リニアプローブでのCWドプラ

患者依存を低減するための、プロサウンド F75 Premier CVの提案

Dynamic Volume Processing

image

循環器領域に適したプラットフォームを搭載することによってMatrix探触子から送られた膨大な情報をあますことなく高速処理して画像にします。この技術が3D経食道検査を日常の検査にも無理なく取り入れられる処理速度とレスポンスを実現しています。

Full Aperture Apodization (FAA)

左右非対称のアポダイゼーションを可能とし、全チャンネル駆動で信号処理するFull Aperture Apodization。これにより深部感度と画像両端のフォーカス精度が大幅に向上しました。画面の隅々まで感度と分解能を兼ね備えた均一性の高い、シャープな画像を提供します。

image     image

Clear Transmission Technology (Clear TT)

image

パワフルな送信と、熱変換効率のよいプローブを組み合わせることで、送信された超音波を無駄にせず体の中に届けることが可能です。深部感度やドプラ感度に優れた画像を提供し、より一層の信頼性ある検査に寄与します。

*:オプション

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。