本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

〔つぎの診断へ〕
LISENDO 880には、心臓領域において、より高精度で有効な診断情報を提供するために考え抜かれた、バリエーション豊富なアプリケーションをラインアップ。臨床の現場において新しい診断価値を提供します。

Cardiac 3D*

循環器領域検査では、必須となってきているCardiac 3D。循環器診断・治療における様々なシチュエーションで、これまでより一歩進んだ診断情報を提供します。また、画質・操作性・拡張性のすべての面で、MADE IN JAPANならではのきめ細やかな品質を届けます。

image

image

Analysis of Cardiac 3D

3Dデータとして取得した画像は様々な解析に利用できます。弁輪径・立体的形態観察・Volumeの算出・トラッキングなどに対応可能です。

image

image

image

image

※ 解析を行うためにはASTRELLA CV-Linqが必要です。

心不全パッケージ

社会全体の高齢化が進み、心不全への関心が高まる中、心不全や不整脈患者に対して、超音波検査には今まで以上に効率的、かつ正確な診断情報の提供が求められます。LISENDO 880のいくつかのアプリケーションは、心不全の診断に非常に有効な診断情報を提供します。これらを統合し、心不全に対する使いやすく正確な総合診断パッケージを提案します。

image

GLS (Global Longitudinal Strain)*

image

スペックルトラッキングによって求められた左室内膜長の変化率(GLS)は、EFが保たれた心不全の場合に、その値が有意に変化するという報告があり、大いに注目されています。GLS算出のためのトレース・操作性などワークフローの改善により、大幅な解析時間の短縮、ルーチン検査での使用が可能になりました。

VFM (Vector Flow Mapping)*

image

VFMは、GLSで捉えた左室の収縮時における形態異常に加え、それによる左室内への血行動態の影響を可視化することができます。心臓が動くために効率よくエネルギーを使用しているかをEnergyLoss表示を用いて、可視化、定量化します。心腔内部からの心不全患者の早期発見にも有効であると考えられます。

R-R Navigation + Dual Gate Doppler

心不全に関連するAF(Atrial Fibrillation:心房細動)、不整脈のような不規則な心拍の場合、より安定した心拍での計測が必要です。これまでは、検者依存、精度が低い、時間がかかるなど、いくつかの課題がありました。R-R Navigation機能では先々行R-R間隔、先行R-R間隔が同じである区間を自動検出し、計測に最適な心拍の正確な検出が可能です。

※ Dual Gate Dopplerと併用することで、拡張機能評価の計測に必要なより最適な心拍の検出も可能になります。

image

Vascular

AutoIMT*

image

血管の長軸断層像にROI(関心領域)を設定するだけで、IMT(内中膜複合体)を自動抽出し、診断ガイドラインに沿ったmax IMT、およびmean IMTを自動計測します。Auto IMT計測法は、指定範囲の全てのポイントから最大、最小、平均、SDを算出するため、定量化の精度向上が期待されます。

*:オプション

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。