本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

〔つぎの操作性へ〕
LISENDO 880には、高機能の心機能自動計測パッケージを搭載。
検査における操作性/再現性を向上させるとともに、スループットを大幅に改善し、理想的なワークフローを支援します。検査者にとっても、被検者にとっても、迅速、正確、快適な検査環境を実現します。

自動計測パッケージ

日立の誇るビックデータやA.I技術で構築した学習データにより、高精度の自動化が可能になりました。LISENDO 880では、複雑な心機能計測のいくつかの計測項目において自動化を実現。数多くの学習データを搭載することで、計測精度が向上しました。そのため、ワークフローの改善にもつながります。また、心尖部からの描出ビュー全てに対しても、計測の自動化を実現しました。

Fractional Area Change(FAC)
image

RA Volume
image

LV Volume(EF)
image

LA Volume
image

自動検出機能 (ED-ES)

計測前操作の自動化を実現しました。ボタンを押すと、瞬時にEDとESの画像を装置が自動で検出します。この自動ED-ES検出機能と心機能自動計測をあわせることで、さらなるワークフローの改善を図ることができます。

image   image

直感的な操作パネル

フリーズボタンとトラックボールの距離をできる限り縮め、ワンポジション化を実現。操作性がより一層改善されました。また、トラックボール周辺の5つのスイッチをメインに使用できるように配置し、Cardiac 3Dや心機能解析などの複雑な機能の操作を簡便に、直感的に行えるようになりました。

〔Beat Mode〕
image

〔Zoom〕
image

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。