本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

〔つぎの画質へ〕
循環器科領域における様々な用途に合わせた、最適画質のために不可欠な広い調整幅。患者依存をはじめ、診断を阻害する様々な要因を軽減するための数々のテクノロジー。プローブ、画像処理アルゴリズム、モニター。日立はLISENDO 880のために全ての技術を刷新。PURE SYMPHONIC ARCHITECTUREが、みたいものをよりクリアに描出します。

2DTTE Probe

循環器科に求められた高い空間分解能、時間分解能、コントラスト分解能を実現するため新しくデザインされたセクタプローブです。握りやすい、狭い肋間にも入りやすい形状とし、検者、被検者・症例重症度依存など様々な依存からの脱却を可能にします。

image

image

eFocusing

新しく開発した送受信技術です。S/Nの改善とフォーカス依存性の低減を実現しました。周波数を落とさず深部感度を改善、画像処理の影響を受けにくいより自然な表現など、ワンタッチ操作で、高精細かつ高感度の断層像が得られます。

image
Forcused at all depths

Active Backend

image

従来の装置で培われた、日立独自の高品質、高精度の画質向上技術を搭載。新開発プローブやeFocusing技術で描出したクリアな画像を、ユーザー一人ひとりに合わせ、最適な診断画像に仕上げます。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。