本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

エルゴノミックデザイン

モニターアングル、パネルの高さや向きを検査スタイルに合わせて調整することができます。
自然で無理のない姿勢による検査は、検査者の疲労軽減、筋骨格系障害のリスク低減が期待できます。

可動域の広い操作パネル

操作パネルの向きを検査に適したポジションに調整することができます。

可動域の広い操作パネル

調整可能なモニタ

モニタの向きや角度を検査しやすいポジションに調整できます。

調整可能なモニタ

操作パネルの上下可動

様々な検査に合わせて装置の高さを調整することができます。

操作パネルの上下可動

21.5インチワイドモニタ

広範囲かつ高コントラストな21.5インチLCDモニタ。
感度・分解能に優れた、患者依存の少ない画像を提供します。

21.5インチワイドモニタ

10.1インチタッチパネル

検査中タッチしやすい角度に配置しました。
検査部位に合わせたパネルレイアウトでストレスなく操作を行えます。

10.1インチタッチパネル

バッテリー搭載*

緊急時や移動しての検査などさまざまなシーンで、電源を切らずにすぐに検査を行うことができます。
また、バッテリー駆動で検査が可能です。

バッテリー搭載

シンプルな操作パネル

必要なボタンだけをシンプルに配置しました。操作パネルからTGCスライダーをなくすことで、ゆとりのある操作パネルを実現しています。

ボタンの配置

シンプルな配置でボタンを探す手間をはぶきます。

ボタンの配置

バーチャルTGC

直感的でなめらかに操作できます。

バーチャルTGC

分かりやすいユーザーインターフェイス

直感的でなめらかな操作をサポートします。操作ビデオはこちら

検査部位・プローブの選択

検査部位をイラストから選択すると、部位に合わせた条件で検査できます。

検査部位・プローブの選択

過去画像と同条件での検査

同一披検者の場合、過去に保存した画像と同じ条件で検査できます。経過観察などで比較する場合に有用です。

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

Auto Optimizer

ワンボタンでゲインや、ドプラ波形のベースライン、流速レンジを適正な値に自動調整します。

ゲイン自動調整前後

PW波形自動調整前後

* Option

 

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。