ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケア

LabFLEX3500

使う人へのやさしい配慮、LabFLEX3500はそれを追及しました。
子検体容器供給の自動化、エラー検体のまとめ移載、各モジュールでの簡単な操作など使いやすさの向上を目指しました。
そして当社が30年以上培ってきた高性能分注技術へのあくなき情熱とこだわり。
やさしさと高性能が融合した検体前処理モジュールシステムLabFLEX3500が、検体前処理の適切なソリューションを提供します。

高速/高精度分注の実現

高速/高精度分注の実現

日立が誇る分注技術のひとつ、高精度分注(CV1.0%以下、絶対量±3%以下)の高速化を実現しました。
3ノズル可変ピッチ分注機構の実現で、1:2分注でも500元検体/H時間以上*の高い処理能力を実現します。検体の集中する時間帯にも十分対応でき、TAT(Turn Around Time:検査結果報告時間)の短縮につながります。

* 高速容器供給供給移載モジュールでのシステム構築の場合

子検体容器供給の自動化

子検体容器供給の自動化

チューブフィーダー内蔵により、子検体容器供給の自動化を実現しました。
市販容器から外部検査委託会社専用容器まで最大4管種の同時使用に対応し、分注項目ごとに使用容器の選択が可能です。また、発行ラベル自動チェック機能も搭載。印字ミス、読み取り不可、貼付不備などがあった場合は、再発行を行い、検査工程でのエラーを未然に防ぎ、信頼性が向上します。

リカバリー処理のサポート

リカバリー処理のサポート

検体量不足、フィブリン検知などの分注エラーが発生した際は、処理を中断することなく対象の元検体・子検体をセットにして専用エリアに自動的に移載が可能です。元検体・子検体がセットになっていることで検体検索の必要がなくなり、その後のリカバリーがより効率的に処理可能となります。

かんたん操作

かんたん操作

タッチパネル式の簡単操作でオペレータをアシスト。各モジュールの前面スイッチ・タッチパネルからのアラーム解除も可能にするなど、さらに操作性が向上しました。

フロントアクセス/オープンスタイル

フロントアクセス/オープンスタイル

検体の供給・取り出し、消耗品の供給・廃棄などあらゆる操作が装置前面から可能。装置の設置レイアウトの様々な検討が可能となります。
また、内部の操作が確認できる視認性の良いカバーを採用しているので検体処理の状況確認も容易で安心感があります。安全ガードを開けることで検体の取り出し、アラームの解除、装置の清掃などが容易にできます。

多彩なシステムバリエーション

機能別モジュールを組み合わせることで、施設の規模・運用方法や様々なご要望にお応えするシステム構築が可能です。
また、直線搬送・ターンユニットなどを組み合わせることで設置条件のレイアウトに合った搬送システムの構築が可能です。

Type E 分注モジュール + 高速容器供給移載モジュール
Type E
分注モジュール + 高速容器供給移載モジュール

Type DE 開栓モジュール + Type E
Type DE
開栓モジュール + Type E

Type ET Type E + 移載モジュール
Type ET
Type E + 移載モジュール

Type DET 開栓モジュール + Type E + 移載モジュール
Type DET
開栓モジュール + Type E + 移載モジュール

Type PE 分注モジュール + Type E
Type PE
分注モジュール + Type E

Type FE 容器供給モジュール + Type E
Type FE
容器供給モジュール + Type E

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。