本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

TomoHDシステム

放射線治療を広範囲にカバーし、ピンポイント治療を可能にする放射線治療装置です。ひとりひとりの患者さんに合わせた高度な線量分布作成により放射線治療を支援します。また、複雑な治療においてもシンプルな操作を実現するため、セットアップ、CT撮影、照射、QAに至るすべてをシステム内で統合管理し、治療プロセスにおけるユーザーの安全な操作をサポートします。それは、スループットの増大と効率の向上につながり、精度の高い治療を可能にするだけでなく、患者さんに集中できる環境を実現します。


システム概要

Ring gantry-based Radiation Therapy

回転に適したリング型ガントリを採用しています。スリップリング方式により連続回転が可能です。リニアック、コリメータ、CTディテクタ、ビームストッパ等主要部品をガントリ内に搭載しています。

Daily 3D CT imaging

本格的ファンビーム3D Megavoltage CT(MVCT)によるIGRTが可能です。位置決め用CTを治療前に毎日撮影することができるため、精度のよい照射が可能です。アーチファクトの少ない画像が得られるのも特長です。

Fast Binary Multi Leaf Collimator

高速バイナリMLC(マルチリーフコリメータ)を採用しています。各リーフはスリット上に並べられ、高速で開閉を行い多数のビームを作成します。開・閉によりビームを調整するため、切れが良く、自由度の高い線量分布を作成できます。

image
高速バイナリMLC

 

日本アキュレイ株式会社のサイトはこちら
(新規ウインドウを表示)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。