本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

TOMOTHERAPY

トモセラピー治療計画

TomoHelical™治療モードについて、Accuray社のTomoTherapyシステムの計画をサポートします。MCO、Adaptive Planningなど、RayStationの全ての高度な機能にアクセスできるため、最適な治療計画を効率的に設計できます。

TomoTherapyマシンの最適化機能には、ダイナミックジョーのサポート、デリバリータイムの制約、および照射が回避される「Protect」領域の指定が含まれます。TomoTherapyの計画はスムーズに臨床ワークフローに統合でき、治療計画はAccuray社の統合データ管理システムに送られます。

TomoTherapyのMCOナビゲーション

RayStationにTomoTherapyのサポートを含めることで、ユーザーはMCOの恩恵を受けることができ、計画目標間のトレードオフを継続的かつ即座に調査できます。
ナビゲートされた線量が精度の1%未満の成果物計画によって再構築できるという事実により、トモセラピーはMCOにとって理想的な治療法となります。
成果物計画の作成中に、送達効率と計画品質の間のトレードオフを調査することにより、治療実施時間の適切な限界を特定できます。

RayStationでのトモセラピー治療計画の概要

このチュートリアルでは、RayStationでのTomoTherapyの計画と、統合によりRayStationでの治療計画の効率と評価で実証済みの機能をどのように利用できるかを最初に確認します。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。

  • 製造販売元:レイサーチ・ジャパン株式会社
  • 販売元:株式会社日立製作所
  • 販売名:放射線治療計画ソフトウェア RayStation
  • 医療機器承認番号:22900BZI00014000
  • 外国製造医療機器等特例承認取得者:RaySearch Laboratories AB
  • 選任外国製造医療機器等製造販売業者:レイサーチ・ジャパン株式会社

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。