本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

ロバスト性評価

放射線治療計画の質は、セットアップの不確実性と密度の解釈エラー、および患者の解剖学的構造の変化に対処する能力に大きく依存しています。密度が不均一な場合、特に粒子計画では、従来のPTV計画では不確実性に対する意図した堅牢性が得られないことがよくあります。
これらの不確実性に対処する新しい方法は、最適化自体にそれらを含めることです(ロバスト最適化)。
計画の作成方法に関係なく、照射前に計画の堅牢性を評価することが不可欠です。
このために、RayStationは、複数のエラーシナリオに対する包括的な堅牢性評価のためのツールを提供します。

画像

ロバスト最適化

RaySearchは、2014年に既にRayStationの臨床バージョンに導入することで、強力な最適化を開拓しました。それ以来、最適化はイオン治療の標準ツールとなり、光子計画でも勢いを増しています。
RayStationは、潜在的な変更の影響を考慮した独自の堅牢な最適化手法を利用し、幾何学的および線量測定の不確実性に対して計画を堅牢にします。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。

  • 製造販売元:レイサーチ・ジャパン株式会社
  • 販売元:株式会社日立製作所
  • 販売名:放射線治療計画ソフトウェア RayStation
  • 医療機器承認番号:22900BZI00014000
  • 外国製造医療機器等特例承認取得者:RaySearch Laboratories AB
  • 選任外国製造医療機器等製造販売業者:レイサーチ・ジャパン株式会社

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。