本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

RayStation

image

-The future of Treatment Planning is here

RayStationは、治療計画のさらなる進化を目指す新世代のシステムです。

さまざまな治療装置に対応し、3D-CRT、IMRT、VMAT、4D Adaptive Radiation Therapy(ART: 適応放射線治療)まで幅広い治療を実現します。また、デフォーマブルレジストレーションなど、高度な画像処理ツールを備え、治療計画に必要な多くの機能が含まれているうえ、分かりやすく斬新な操作性により簡便に治療計画を完結できます。計算アルゴリズムも一切の妥協のないフレームワークであり、様々な照射技術と最適化機能の融合を実現します。使いやすさを追求し、安全性、高速性をはじめ、よりパフォーマンスを高める治療計画システムとして更なる進化を続けます。

RayStationを開発している、RaySearch Laboratories社はスウェーデンに本社を置き、放射線治療を専門とするソフトウェアの開発を行っています。卓越したテクノロジーは世界に供給され、その開発の能力とスピードに、定評があります。

imageimage

RaySearch社の歴史

2000年に生まれた比較的若い会社ですが、IMRTの最適化演算ソフトウェアから始まり、2001年からはメジャーな治療計画装置にIMRTモジュールを供給が開始され、現在、そのテクノロジーは世界数千か所で使用されています。2012年、10年以上のテクノロジー開発と供給の集大成としてRayStationがついにリリースされました。そしてすでに80か所以上の施設で使用されています。(2014年4月時点)

RaySeach社の開発力

RaySearch社はソフトウェア開発技術者を70名以上(2014年4月時点)を抱える、開発者集団です。これまでのノウハウとRaySearch社が誇る開発力とスピードで放射線治療の先端技術に対応していきます。イノベーションを基盤として、業界のスタンダードを超えるパフォーマンスの実現に取り組んでいます。常に限界に挑戦し続ける、それがRaySeach社です。

RaySeach社のテクノロジー

RaySearch社の開発力に支えられたテクノロジーは新世代の放射線治療システムとして進化を続けます。
使いやすさを追求し、シンプルな治療から、複雑な治療まで、安全性と高速性によるパフォーマンス向上を目指した放射線治療計画システムです。
また、「最適化」はRayStationのコアテクノロジーであり、IMRT / VMATはもちろん、現実的な3DCRTの最適化、MCOなどの新しい機能を搭載しています。


プログラム医療機器における経過措置該当品(承認申請済)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。